2010年12月22日

(C12〜15) パレス-2リン酸

INCIコード :  C12-15 Pareth-2 Phosphate

一般名 :  ポリオキシエチレンアルキル(12〜15)エーテルリン酸

ポリオキシエチレンエーテル型ノニオン界面活性剤をリン酸化してつくられたアニオン界面活性剤。
油溶性から水溶性まで幅広い性質の特性を持つ界面活性剤。
乳化剤や洗浄剤として他の界面活性剤と組み合わせて使われる。
洗浄剤、乳化剤、分散剤、帯電防止剤とし使われる。
親水性の強いものは香料や油性成分を化粧水に可溶化させるために使われる。

posted by YOU at 17:20| Comment(0) | 乳化成分(活面活性剤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

(C12-14) パレス-12

INCIコード :  C12-14 Pareth-12

一般名 :  ポリオキシエチレンアルキル(12〜14)エーテル(12E..O.)

ノニオン界面活性剤の代表的タイプんの一つ。
親水基をポリオキシエチレン、親油基をアルキル基にしてつくられている原料。
乳化剤として使用。また透明な化粧水に香料やエモリエントオイルを可溶可するために使われている。
posted by YOU at 19:58| Comment(0) | 乳化成分(活面活性剤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セスキオレイン酸ソルビタン

INCIコード :  Sorbitan Sesquioleate

一般名 :  セスキオレイン酸ソルビタン

6つの水酸基をもつソルビタンの4つの水酸基と、高級脂肪酸を結合させ合成した、親油性の高いノニオン界面活性剤。
親油性の乳化剤として、クリームなどに使われている。

  親油性…物質の油になじみやすい性質。化学構造に水酸基(-OH)もたないものが親油性が高い

  親水性…物質の水になじみやすい性質。化学構造に水酸基を多くもつと親水性が高い

posted by YOU at 19:58| Comment(0) | 乳化成分(活面活性剤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。