2010年12月22日

ポリクオタニウム-39

INCIコード :  Polyquaternium-39

一般名 :  アクリルアミド・アクリル酸・塩化ジメチルジアリルアンモ二ウム共重合
        体液

カチオン界面活性剤の塩化ジメチルジアリルアンモニウムとヘアセット用の皮膜化高分子のアクリル酸、アクリルアミドを一緒に重合反応でつくった液体原料。無色から薄い黄色をしている。
毛髪にたいして柔軟効果、帯電防止効果、形を整える効果があるので、ヘアスタイリング製品に使われる。


posted by YOU at 17:20| Comment(0) | 乳化成分(活面活性剤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポリソルベート80

INCIコード :  Polysorbate 80

一般名 :  モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン

糖類のソルビトール、またはソルビタンに長鎖脂肪酸をエステル反応によって合成されたノニオン界面活性剤。
安全性が高い界面活性剤できわめて優れた乳化力や可溶化、分散化作用があり、水に溶けない香料などを水に溶解させる働きを持つ。化粧水、乳液、クリーム、洗顔料、石けん、美白クリーム、メイクアップ化粧品など広く使用されている。
天然脂肪酸とのエステル化物は食品添加物として乳酸品などに使われている。

posted by YOU at 17:20| Comment(0) | 乳化成分(活面活性剤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンザルコニウムクロリド

INCIコード :  C12-15 Pareth-2 Phosphate

一般名 :  ポリオキシエチレンアルキル(12〜15)エーテルリン酸

ポリオキシエチレンエーテル型ノニオン界面活性剤をリン酸化してつくられたアニオン界面活性剤。
油溶性から水溶性まで幅広い性質の特性を持つ界面活性剤。
乳化剤や洗浄剤として他の界面活性剤と組み合わせて使われる。
洗浄剤、乳化剤、分散剤、帯電防止剤とし使われる。
親水性の強いものは香料や油性成分を化粧水に可溶化させるために使われる。

posted by YOU at 17:20| Comment(0) | 乳化成分(活面活性剤) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。